宅建に一発合格できる人、できない人

一発合格のキーワードは学習法と学習時間にあり!

宅建は、不動産業界では必須の資格ですので、取得している人は数多くいます。あなたの周りにも宅建の資格を持っている人はいるのではないでしょうか。

私自身も宅建有資格者で、現在、不動産会社に勤務していますが、
周りを見ていると、宅建の試験を一発で合格した人もいれば、何年経っても合格できない人もいます。

果たして、宅建に一発合格できる人と、できない人との差は、
いったい何でしょう。私の経験をもとに分けてみました。
あなたは、どちらに当てはまりますか?

宅建に一発合格できる人

  • 通学講座または通信教育を受講している。
  • 通信教育の場合は講義DVD付きである。
  • 総学習時間は300時間を超えている。
  • 1日2時間以上は勉強している。
  • 同じテキストで何度も復習している。
  • 過去問を中心に勉強している。
  • 気合と根性がある。

宅建に一発合格できない人

  • 学習法は独学だ。
  • テキストは今年のではなく、昨年や一昨年のものを使用している。
  • 新しいテキストが出ると、つい買ってしまう。
  • 過去に宅建の勉強で挫折した経験がある。
  • 総学習時間は300時間以下だ。
  • 1日の勉強時間が2時間以下だ。
  • 集中力がなく、暗記するのが苦手。

みなさんは、どちらに当てはまりましたか?
私の経験上、一番大きく占めているのは、学習法と学習時間ですね。

一発合格できない人にひとつでも当てはまる場合は、それを改善しなくては、宅建試験に一発で合格することは厳しいといえるでしょう。

<< 前のページ次のページ >>