宅建と相性の良い資格

宅建+α ダブルライセンスで独立開業も可能!

宅建は企業で活躍できる資格なので、宅建だけで独立することはほぼ不可能です。しかし、宅建と相性の良い他の資格を組み合わせれば、
独立開業することも夢ではありません。

ここれは、独立開業を視野に入れている人のために、宅建と相性の良い資格を紹介していきましょう。

ファイナンシャルプランナー(FP)

ファイナンシャルプランナー(FP)とは、ライフプランを提案するスペシャリスト。主に、保険会社や証券会社などの金融機関で活躍しています。

主な業務は、保険や投資、貯蓄方法、不動産といった資産運用に関するアドバイスや提案が中心。宅建の知識があるとさらに幅広い業務が行えるでしょう。

人気のファイナンシャルプランナー(FP)講座
http://fp-tsusin.com/

行政書士

行政書士は、行政機関に提出する書類作成と代行、手続きが主な業務です。
作成できる書類は約1万以上ともいわれており、もちろん不動産に関する書類も多く扱うので、宅建の知識と組み合わせれば、書類作成から法律相談までの業務が行えるでしょう。

士業の中では難易度は低めなので、いま独立系資格として人気を集めています。

行政書士を目指すなら
http://gyosei-tsusin.com/

マンション管理士

マンション管理士とは、集合住宅や管理組合の運営全般をサポートするコンサルタント。建物の保全や修理のほか、住民同士のトラブルにも対応します。

このマンション管理士と宅建を取得していれば、マンションの賃貸経営の相談にも乗ることができますので、宅建⇒マンション管理士の順で取得する人は増えています。

マンション管理士はこの講座がおトク!
http://mankan-tsusin.com/

<< 前のページ