宅建の資格が優遇される企業とは

不動産業界から、金融業界、一般企業まで幅広く有効です!

宅建は、毎年約20万人が受験する人気の国家資格です。
なぜ、そんなに人気なのかというと、宅建を取得するとたくさんのメリットがあるからです。
では、具体的にどんな企業で優遇されるのかを見てみましょう。

不動産売買会社・不動産賃貸会社などの不動産業界

宅建は、不動産業界にとって必須資格。なぜなら、宅建の資格がないと不動産取引が行えないからです。大手企業は入社後に宅建研修が実施されますが、中小企業では、自分で通信教育等を受講する場合が多いですね。

また、宅建取得を推進している企業では、合格一時金や資格手当が出ます。
不動産業界に就職・転職を希望している人は、事前に宅建を取得しておいた方がよいでしょう。

住宅メーカーやゼネコンなどの建設業界

建設業界では、宅建の資格がないと業務が行えない、というわけではありませんが、宅建の知識はあった方が大いに仕事に役立ちます。

例えば、建物、住宅ローン、税金等…、お客さんから質問されたときに、
答えられなければ、営業マンとして失格ですよね。そのため、建設業界でも宅建の資格を取得している人は多数います。

銀行や証券会社などの金融業界

貸し出し業務の際、不動産を担保として扱う銀行や、証券会社などでも宅建は有効です。また、住宅ローンの計算などでも宅建の知識は役立ちますね。

一般企業

意外かもしれませんが、宅建は一般企業でも役立ちます。
とはいえ、すべての部署とはいえませんが、自社の不動産を管理する財務部や総務部、営業部などでは、宅建を取得していると優遇されるでしょう。

このように、幅広い企業で優遇される宅建は、有効なビジネス資格だといえるでしょう。学生時に取得しておくのもおすすめですよ。

<< 前のページ次のページ >>