模擬試験を受けるメリット

弱点分野が把握できますし、本番で実力が出せます!

いよいよ試験1カ月前。模擬試験を受ける時期です。
自分の学力がどの程度までいっているのかを知りたい気持ちと、模擬試験の結果が悪かったら不安、という気持ちが入り交ざって、受けようと思っても、なかなか気が進まないのが模擬試験です。

しかし、いくら気持ちが進まないからといっても、模擬試験を受けるのと受けないのとでは、合格に大きな差が生じてしまいます。

では、模擬試験を受けるメリットとはなんでしょう。

  • 一度試験を経験しておくことで、本番で実力が発揮できる。
  • 自分の弱点分野がわかる。
  • マークシートの付け方や時間配分がわかる。

本試験は、予想以上にも緊張してしまうもの。一度試験を経験しておくことで、本試験での緊張を軽減できます。

さらに、今まで知らなかった自分の弱点分野も知ることができますので、
本試験までどのように学習したらよいのかがわかります。事前にマークシートに慣れておくことや、時間配分を知っておくことも大切です。

では、どのように模擬試験を受ければよいのでしょうか。

  • 前日は「明日は本試験である」と思って、準備を進めてください。
  • 模擬試験は本試験と同様の状況や時間帯に行ってください。

模擬試験は、資格スクールや予備校など(有料)で受けられますし、
無料でダウンロードできるサイトもあります。

模擬試験を受ける際は、少しでも本試験に近づけるためにも、模擬試験の前日に総まとめ復習をし、夜更かしをせず、早めに就寝してください。

また、自分でダウンロードして行う場合は、本試験と同様の状況にするために、図書館などでやるのもいいでしょう。その時、開始時間は本試験と同じ13:00にスタートし、ストップウォッチで時間を計ってくださいね。

<< 前のページ次のページ >>