過去問が重要な理由

過去問演習を徹底的に行うことが、合格への近道

宅建試験のみならず、資格試験において、過去問は重要な役割を担っています。
ですので、基礎知識をある程度習得したら、すぐに過去問演習を開始しなければなりません。

過去問演習はなぜ必要なのか

過去問演習を行うことによって

  • どこを重点的に勉強すべきかがわかる。
  • どこまで具体的に出題されるのかがわかる。
  • どのような出題形式なのかがわかる。
  • 解ける問題、解けない問題が見分けられる。

出題範囲が決まっている試験は、試験問題として出題できる箇所は、
だいたい決まっています。ですので、毎年同じような問題が出題されるのです。

宅建試験では、約8割が過去問から、約2割がテキストに載っていないような難しい問題が出題されます。試験は70%以上得点すれば合格できるので、過去問さえしっかりやっておけば、おのずと合格ラインを超えることができるのです。

さらに、過去問演習を行うことによって、
問題を解く力とスピード処理能力が身に付きます。

試験は、一定時間に何問解けるかがカギ。それに必要な能力を修得するには、
過去問が最適なのです。

宅建試験の勉強の中で、一番時間をかける必要があるのは過去問演習です。
過去5年の問題の9割~10割は正解できるようにしなければ、本試験でも合格することは厳しいといえますね。

<< 前のページ次のページ >>