宅建試験の攻略法

満点は狙わず、学習範囲を絞って効率的に勉強をしよう

宅建に合格するためには、宅建試験がどのような試験なのか、
ということを知らなくてはいけません。ここでは、みなさんが気になる情報「宅建試験の攻略法」についてお話したいと思います。

宅建試験の攻略ポイントその1

満点は狙わないこと
受験者の中には「何がなんでも満点を取ってやる」と意気込んでいる人がいますが、宅建試験において、満点を取ることはほぼ不可能です。
なぜならば、宅建試験の問題は約8割は過去問から、約2割は過去問やどのテキストにも載っていないような問題が出題されるからです。

この約2割の問題は、ほとんどの受験者は解答できませんので、このような問題を解くために必死になり、深く突っ込んで勉強をしては時間のムダです。

資格試験は、満点を取るのが目的ではなく、あくまでの合格ラインを越えればよいのです。満点で合格した人も合格ラインぎりぎりで合格した人も、同じ宅建主任者になれるのですから。

宅建試験の攻略ポイントその2

科目によって勉強量を調整する
宅建の試験科目は、宅建業法・法令上の制限・その他の法令・権利関係の4科目です。4科目はそれぞれ出題数も違いますし、難易度も異なります。
ですので、すべての科目を同じように学習する必要はありません。

例えば、「宅建業法」は全50問のうち16問と出題数が一番多いのですが、
難易度は比較的低いので得点源になります。それに比べて「法令上の制限」の出題数は10問ですが、難易度は高いのです。

また、「その他の法令」は、実務経験が3年以上ある人は指定講習を受講すると5問が免除されます。そう、5点も稼げるのです。これは、利用しない手はありませんよね。

宅建試験の攻略ポイントその3

法改正に注意!
一番出題数が多い宅建業法は、法改正が多いので要注意です。
受験生の中には、インターネットオークションで数年前の教材を購入したために、最新の法改正情報が得られないという人もいます、

法改正情報は確実に入手しておかなければ、試験で得点は稼げませんので、常に最新の情報を得られるようにしておいてください。

<< 前のページ次のページ >>